詠春拳教室              エブマス名古屋

       詠春拳教室              エブマス名古屋

※詠春拳を喩えると

【自然】

自然とは、なんでしょう。

辞書には、こうあります。

 山や川、木など、人間人間の手加わったものを除いたこの世あらゆるもの

 人間含めて天地間の万物宇宙

 人間の手加わらないそのもの本来のありのままの状態。天然。「野菜には―の甘みがある」

さらに読み続けるとこのような説明があります。

 物事が本来あるとおりであるさま。当然。「こうなるのも―な成り行きだ」

 ひとりでにそうなるさま。「―にドア閉まる」

詠春拳が自然そのものというのは、ひとりでにそうなるさまという部分です。攻撃に対して攻撃する~相手の力をもらう~身体が勝手に動くとなります。

【調和】

風が吹くと草木は、風向きにしたがって傾きます。そして風が止めばしなるのをやめて元どうりなります。

これが、物事が本来あるとおりであるさま。 ひとりでにそうなるさま、ということです。

草木は、風に抵抗しているから傾くのではなく、風に調和しているから傾きます。

詠春拳をやっているとこう感じます。

相手の力をかりて私が動きある所に行き着くとその力は自然と相手に返っているからです。

力に抵抗せず技をもって調和する、これが物事が本来あるとおりであるさま、 ひとりでにそうなるさま、ということです。

【たんなる格闘技ではない】

martial arts(格闘技や武道、武術の総称)と言えば、相手を痛めつける方法や手段と思われている方が多いと思いますが、詠春拳は、その理論や哲学的観点から私は人生そのものだと思っています。

もちろん人によって考え方やとらえかたは様々です。視点や認識が変化すると物事は、見え方が大きく変わるのも事実です。

【楽しいもの】

色々と書きましたが、結局、詠春拳は楽しい😊んです。

たくさんの方に詠春拳を体験してほしいと思いますね。

楽しいのが一番、楽しくなければ続かないです。



【護身術】

最近の事件の悲惨さをみていると、以前の日本人の意識では、回避が難しいと感じます。

護身術セミナー等、警察官などから教わる護身術は、相手をあまり痛めず自身の身を守ることがベースです。

このような護身術は、かなりの有段者でも実際には難しいです。

海外の護身術は、相手が攻撃してきたら自分も攻撃しないと身は守れないという考え方が主流です。

ジークンドーも、ブルース・リーが拳銃での事件が日常茶飯事の米国で考案しましたし、エブマス詠春拳を考案した大師父エミン·ボツデペは、ドイツでバウンサー(用心棒)時の経験から護身用法を考案しました。

その技法は、大人も子供もほぼ同じです。親子で学び練習もできます。

それには、あなた自身の意識を変える必要があります。


このサイトではCookieを使用して良いブラウジング体験を提供しています
すべてのCookieを受け入れるか許可するクッキーの種類を選択してください。
プライバシー設定
このウェブサイトを閲覧する際に、どのCookieを許可するかをお選びください。一部のクッキーは無効にすることができません。Cookieがないとサイトが機能しなくなるからです。
不可欠
スパムを防ぐため、このサイトではコンタクトフォームにGoogle Recaptchaを使用しています。

このサイトではウェブサイトを正常に機能させるために不可欠なEコマースや決済システム用をCookieを使用することがあります。
Google サービス
このサイトでは、GoogleのCookieを使用して訪れたページやIPアドレスなどのデータにアクセスしています。本サイトにおけるGoogleのサービスには以下のものが含まれる場合があります。
- Google Analytics
- Google Ads コンバージョントラッキング
- Google マップ
データ駆動
本サイトは AddThis を使用する場合があります:
- AddThis は、ユーザーの行動を収集して第三者と共有するソーシャル ウィジェットです。