詠春拳教室             エブマス名古屋

       詠春拳教室             エブマス名古屋

詠春拳と護身術

【護身術(for self-defense)とは?】

護身術とは、2つのセクションからなります。

※1. 防犯(受動的防犯):空き巣や暴漢等、予測しうる犯罪に対して予め防御策を講じること。※2. 自衛:自分の力で自分を守ること。「暴力に対して自衛する」

※1は、習わなくともできる護身術です。いわゆる危ない場所には、行かないということです。「遅い時間や暗い場所は、一人では歩かない」とか「不審な人が集まる場所やその様な人が歩いてきたら進路を変える」などです。※2は、知っておいた方がいいが、習ったほうがいいという部分です。

護身、或いは実戦を考える時に最も重要なのは、現実的な思考を持つことであり、身を護り安全を確保するということは、如何に早い段階で危険を回避するかということになります。相手が攻撃をしてきたら、こちらも攻撃をしないと自分の身は守れないということを認識しておく必要があります。

それが自衛(in self-defense)です。

不幸にもそういう立場に置かれた場合にとるべき行動は、標的として私は不向きであるという事を相手に認識させる為の行動をとる事です。逃げる事が出来れば互いに傷つかずその場を切り抜ける事もできるかも知れません。しかし、その行動をとることが出来るのは「私は抵抗する事が出来る!」という自信と強い意志が必要です。

【護身術を身につけることはできない?】

私は練習生に言います、「護身術を学ぶことはできますが、護身術だけを身につけることはできません。」これはどういうことかと言うと護身術の練習をする時は、必ず相手の行動を限定して行います。殴りかかってきたら、掴みかかられたら、抱きつかれたら、手を取られたら等です。これは、相手がこうして来たらこうするという事です、それらを全て練習するとなるとたいへんです。知識として憶えることはできますが、咄嗟に身体が動くかとなると私は、難しいと思っています。

【学び活用する】

エブマス詠春拳の護身術教習は、詠春拳の技や理論をそのまま護身術に使います。基本の練習を応用するだけです。ですから、詠春拳が上達すれば自然と護身術ができるようになります。この技は、こう活用されると教えるだけです。

【護身としての利点】

詠春拳は、相手の力に逆らわず力を吸収して返します。力で力に抵抗しては力の強い人が勝ちます。それでは護身術として成り立ちません。

エブマス詠春拳には、あなたが被害者とならないための合理的方法があります。